FC2ブログ
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  市況  »  10/31午前=ドル円戦後最安値75.31を記録も単独介入実施でドル円約4円の急騰

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/31午前=ドル円戦後最安値75.31を記録も単独介入実施でドル円約4円の急騰

10/31午前=ドル円戦後最安値75.34を記録も単独介入実施でドル円約4円の急騰

ドル円は早朝に75.31円まで下落。

その後は介入警戒感などもあり75.70円水準で推移。

本邦政府・日銀が午前10時25分に円売り介入を実施。

本邦政府・日銀の円売り介入を受けて79.55円まで上昇した。



安住財務相は緊急会見の中で、
・為替は実体経済を反映し、レートが常識的である必要
・介入はドル・円
・足もとの為替相場はまったく看過できない

と述べ、納得するまで介入を続けるとことを表明。



藤村官房長官
・投機的な無秩序な動きに万全を期すため介入と財務省から報告



【ドル円テクニカル】

レジスタンス  79.91(200日移動平均線)
レジスタンス  79.46(10/31東京タイム高値)
サポート     77.70(10/31介入後の押し目)
サポート     77.15(10/31東京午前までの安値-高値の半値押し)



【ユーロ円テクニカル】

レジスタンス  112.72(200日移動平均線)
レジスタンス  112.05(4/11-10/4下落幅の半値戻し)
サポート     109.61(10/31介入後安値)


【ポンド円テクニカル】

レジスタンス  130.84(8/4高値)
レジスタンス  129.00(200日移動平均線)
サポート     125.03(10/31介入後安値)
サポート     122.65(10/17高値)


【豪ドル円テクニカル】

レジスタンス  86.18(8/1高値)
レジスタンス  84.90(4/11高値-7/8高値を結んだレジスタンスライン)
サポート     82.54(10/31介入後安値)
サポート     81.63(10/27高値)



週末から話題として、介入があるならば週明けしかないとの読みのごとく、単独介入が実施されましたね。

今週は、週半ばから重要なイベントが目白押しで、介入のタイミングはイベントの隙をついて週明けに最安値更新した場合といった読みでした。



ただ、今回、介入が少し大きかったという印象はありました。



みずほ証券・FXストラテジスト: 「今回の介入について、4円強の上昇には数兆円の資金が必要になる」と指摘。




納得するまで介入を続けるという言葉は都合のいいように取れますね。。



介入の結果、

ドル円は日足雲を上抜け。ただし、トレンドラインまでの戻りは無し。

かわりに、このところ堅調で合ったユーロドルが下げました。

クロス円はドル円につられて上昇。

豪ドル円は、日足200SMAまで上昇。日足ベースで抜ける事ができるかに注目。

ポンド円も、一気に日足雲を上抜け。

ユーロ円も、日足雲を上抜けし下降トレンドラインを上抜け。



ドル円の動きを見ながら、ドル円の上値抵抗でクロスを売り目でみつつ、

モメンタムが強気転換になれば押しも一考したい所。



上げても80円はもちろん、79円は疑わしかっただけに。。



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

doraichi

Author:doraichi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
株価ボード(β)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。