ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  介入後のトレードについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介入後のトレードについて

先ほど、日本政府及び日銀の為替介入が入りドル円が急騰しております。
現在のファンダメンタルズではドル円は80円台に定着できればロングでトレンド転換を疑いますが
そこまで伸びない場合は、様子見。
1日おいて、再度の介入が見られない場合は、ショートのポジションを持ちます。

ユーロに関しては、ファンダメンタルズ的にはスクエアでどちらにも攻めにくい相場となりました。
もう少し様子をみて1.3650割れもしくは1.4250抜けを待ちます。
ドル円の急騰で相対的にドルストレートは軟調になると思われますが、本格な下げとなうかどうかを見極める事が
現状では非常に重要です。

スキャルで取る相場でですが、損小利代でリスクが少ないトレードポイントを探りたいと思います。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

doraichi

Author:doraichi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
株価ボード(β)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。