ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  トレード戦略  »  11/29 トレード戦略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/29 トレード戦略

16:00 英11月ネーションワイド住宅価格

18:00 欧・ファンロンパイEU大統領講演

18:30 英10月消費者信用残高、住宅証券融資残高、住宅ローン承認件数
(欧州債務危機の余波や財政緊縮などで英国経済は減速傾向)

19:00 ユーロ圏11月消費者信頼感[確報]、鉱工業信頼感、業況判断指数
(欧州の債務金融危機が重石。ただし、ドイツのIFO景況指数は懸念ほど悪化せず)

23:00 米9月及び7-9月期S&Pケースシラー住宅価格指数
(米国の住宅市場は下げ止まり。ただし、9月指標はやや古い数字で影響限定)

24:00 米11月消費者信頼感指数
(緩やかな雇用改善やガソリン下落、株価の急落一服などが下支え要

25:00 ユーロ圏財務相会合

25:30 イエレンFRB副議長、講演[サンフランシスコ]

26:27 ロックハート・アトランタ連銀総裁、講演[アトランタ]

04:30 ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁、講演
(追加金融緩和のスタンスがドルやリスク選好と回避を左右)

・イタリア長期債入札(19:00)
・ベルギー短期債入札(19:30)


欧州財務問題への懸念後退から株価やコモディティ価格が大幅上昇。
主要通貨も反発する動きを強めた昨晩海外時間の流れを引き継いで、リスクオフの巻き戻しが更に進行するかどうかに注目。

今日の注目はユーロ圏財務相会合でしょうか。

ユーロ圏財務相会合に向けて、

「メルケル首相の報道官」
ドイツは条約改正について、意欲的なスケジュールで作業をしている。
欧州は永遠に待っていることはできないし、一部から見れば驚きのスピードで限られた変更を実現することは可能はなずだ。

「ショイブレ独財務相」
重要なシグナルを市場に送ることになる

とのコメントを残しています。(ブルムバーグ)



このため、市場ではユーロ危機を封じ込めるための行動を取るとの観測も高まっており、これが昨日の欧州各国の国債安定化に寄与。

ただ昨日のイタリア国債の入札は、発行額は目標上限の7億5千万ユーロを下回り、利回りは7.3%と、調達コストは大幅に上昇。

イタリアでは今夜も10年債と3年債で最大80億ユーロ(約8300億円)の入札を控えていますので、こちらも注視したいところ。

ユーロ圏財務相会合での具体的な対応策の内容と、イタリア国債の入札結果を睨みながらユーロが神経質な動きをする可能性も高いと思います。


一方、ドルの下値も固まってきました。
昨日の海外市場では、節目の77.80を完全に抜け78.25までドル高が進みました。これは個人的にも大きかったと思います。


介入以外での78円台乗せは、季節的な要因も後押しするものの、やはり上昇への期待が持てます。

ただ、78円台に上昇したドル円は本邦実需筋や資本筋の売り圧力にさらされやすいと考えらますので、アジア時間には頭の重たい値動きとなるもありますが、昨夜の動きを見るとリスク・オフの巻き戻しの流れとなっても円売りの動きが続いていたので、これまでとは雰囲気の違う値動きになる可能性もありそうですね。






スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

doraichi

Author:doraichi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
株価ボード(β)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。