ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  トレード思考  »  1/16 欧州9カ国の格下げの影響はいかに?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/16 欧州9カ国の格下げの影響はいかに?

おはようございます。
今日は、週末にS&Pが行ったフランスなど欧州9カ国の格下げの影響で、ユーロは上値重い値動きになると考えられるのが自然でしょう。

特に今週はEFSFによる債券発行が予定されていますし、先週末に中断されたギリシャの債務交渉の行方にも注目が集まると考えられますので、
引き続き欧州に対する懸念が燻るファンダメンタルズ的な地合いで不安定ながらもユーロが軟調に推移する展開は続きそうですね。

今日は米国が休場となりますので、市場の関心は、完全に欧州に集中しそうで、
要人発言や格付け機関からのコメントなど様々な突発的な材料に神経質に反応し波乱の展開になる可能性も十分にあるかも知れませんね。
この辺りも、織り込んでおきたいと思います。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

doraichi

Author:doraichi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
株価ボード(β)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。